蝦夷地にて…バタバタしててゴメンなさ~い日記


映画・本・音楽・日常の覚書日記
by timtam33
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

雨雲がついて来る

4月某日 娘3号の入学式
この良き日に雪混じりの雨を降らせてしまうとは…今年も雨女返上できず。
おまけにおろしたてのコートを保護者控え室に忘れてきてしまった。
初日からバカ母振りを発揮してしまい、自己嫌悪に陥る。

それにしても、今日は晴れて欲しい~という思いを入れた日に限って、降らせてしまう私。
その確率は8割以上、これは私流雨女の定義でもある。
他に、私の外出切っ掛けで雨が降り始める、若しくは小雨だったのに急に雨足が強くなるというのも雨女定義のひとつ。

だけど雨女なんて迷惑がられるだけ、何の役にも立ちゃしない。
あっでも、日照りでお困りのところがあれば、何時でも馳せ参じますよ!

ところで最近知った真実。ン十年前の6月、すごい雷が発生した日に私は誕生したそうである…これは何の因果でしょう?

さて身辺が落ち着いて来た所で、無性に本が読みたくなってきた。娘(3号)と一緒に本屋へ出かけ、そこで私が選んだ一冊は…
ー「流星ワゴン」 重松 清 著ー
a0022041_22422026.jpg
生きる希望を失った男が、5年前に交通事故死した父子の乗るワゴン車に拾われる。
時空を超えた過去への不思議な旅が始まる。過ぎ去った人生のやり直しは叶うのか…
「本の雑誌」の年間ベスト1に輝いた作品。

やり直したい過去や消したい過去なんて山ほどある。
さりとて過去に戻ってやり直す勇気なんて私にはない…あまりの面白さに、あっという間に読み終えてしまった。

そして大のチョコレート好きの娘が選んだのは
ー「チョコレート・アンダーグラウンド」 アレックス・シアラー著ー
チョコレート禁止令法を発令した国は甘い物を次から次へと処分していく。そんなおかしな法律に戦いを挑む、勇気ある二人の少年の物語。

こんなページ数が多い本でも、娘はあまり苦にならないらしく
割とサクサク読破してしまう。
私は長編モノが苦手になってきたので、エッセイや短編のように
短時間で気軽に読める方がいい。
あとハリーポッターシリーズのように登場人物の名前がややこしいのも苦手だ。
ハーマイオニーとかロングボトム、ダドリー・ダーズリー、ギルデロイ、ルシオス・マルフォイ、ミネルバ・マクゴナガル…フゥ~~挙げるだけで疲れてしまう。
これではストーリーに集中できない。
できれば英語の教科書のようにジョン、マイケル、ルーシー、ベン…とか、簡単のがいいな。
[PR]
by timtam33 | 2005-04-15 23:48 | 日常あれこれ
カテゴリ
フォロー中のブログ
リンク
ライフログ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧