蝦夷地にて…バタバタしててゴメンなさ~い日記


映画・本・音楽・日常の覚書日記
by timtam33
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:映画・音楽( 27 )

久しぶりに映画館へ

最近の邦画は良作が多い。
シネコンで上映される作品は、洋画よりも圧倒的に邦画の方が多くなっている。

近頃あたし、ド派手なハリウッド作品を観ると
視覚的にも聴覚的にも疲れるような気がする。

邦画はロケーションが美しい作品が多いし、作り込み過ぎないというのかな・・・?
とにかく観終わった後に、疲労感が残らないところが良い。

ひょっとして、これは…年齢のせいでしょうか?



…という事で、洋画を観るのは久しぶり。
『マンマ・ミーア』 は観る者の年齢を選ばない映画だけど
ズバリど真ん中は、私と同世代の人たちでは?

ギリシャの小さな島の風景が美しかった。
そして勿論音楽も…♪

しかも、観終わった後も疲れなかったし…043.gif
気持ちの良い映画でした。
a0022041_0211695.jpg

[PR]
by timtam33 | 2009-02-16 11:23 | 映画・音楽

「西の魔女…」と「上野ファーム」

映画「西の魔女が死んだ」を観てから3日後
特に意識したわけではないのに、偶然足を運んだのが上野ファームだった。

映画の舞台となったのは
八ヶ岳高原にある「おばぁちゃん(西の魔女)の家」だけど
上野ファームの木々、庭の花々、小高い丘、鶏、ワイルドストロベリーは
映画さながら「北の魔女(?)が住む家」といったところ。

「ガソリン代がわりにね…」と、母が買ってくれたカッティングボードは
ワイルドストロベリー柄。

映画…もう一度観に行っちゃおうかな~♪
a0022041_10204245.jpg
a0022041_102153.jpg
a0022041_10214456.jpg
a0022041_10235481.jpg
a0022041_10242669.jpg
a0022041_10251312.jpg
a0022041_10271645.jpg
a0022041_1029365.jpg
a0022041_112278.jpg

[PR]
by timtam33 | 2008-07-01 11:11 | 映画・音楽

携帯から初投稿

a0022041_10301267.jpg

「そろそろ、かりゆし」(かりゆし58)
まっすぐな歌詞と歌声に昭和のフォークを感じるのは私だけ?
特に「アンマー」は秀逸。
歌詞を思い浮かべるだけで涙腺が…
[PR]
by timtam33 | 2007-11-05 10:30 | 映画・音楽

スタバファン必聴!ポールの新譜

スターバックス社が「コンコード・ミュージック・グループ」と共同で設立した
新レーベル「ヒア・ミュージック」の第一弾アーティストは…
なんとポール・マッカートニー!
そしてアルバムタイトルは「追憶の彼方に~メモリー・オールモスト・フル」!
a0022041_1682768.jpg

このニュースをいち早く取り上げたのは、「とくダネ」のオープニングトーク。
司会の小倉さんは、いつも興味深い話題を提供してくれるので
私は毎日チェックしている。

ある日、小倉さんがこのポールの新譜について熱く語っていた。
スタバファンでもあり、ビートルズ好きの私にとっては興味津々。
しかも小倉さんは後日改めてこの話題を取り上げ、
尚且つ世界初オンエア(?)となるであろう
「DANCE TONIGHT」のPVを流してくれたのである。
ポールの奏でるシャカシャカとしたマンドリンの音色と
可愛らしい妖精がたくさん飛び出してくる映像に、いたく心打ちぬかれてしまった私。
この日から発売日をどんなに待ち焦がれていた事か…

ゲットしました!勿論只今、車の中でヘビロテ中です♪
[PR]
by timtam33 | 2007-06-10 16:17 | 映画・音楽

ゲゲゲの鬼太郎…恥ずかしながら鑑賞

アニメの実写版映画ってのは大概ちゃちで
わざわざお金を払ってまで観る価値はない思ってた。

でも、、、、観てしまった「ゲゲゲの鬼太郎」
娘3号の同伴者として…いや、娘に同伴してもらってかな?

大泉洋さんのネズミ男を見たかったというのもあるけれど
実はちょっとだけ妖怪に興味があったりする。

きっかけは10年程前、水木しげる作画活動50周年記念企画として発売された
「妖怪花遊び」という花札を購入した事にある。

最初は3人の娘達と妖怪の名前を覚えつつ
「ねぇどの妖怪が好き?」「怖そうな妖怪ベスト3は?」などと
語り合いながら遊んでいたのだが
いつのまにか描かれている妖怪の、所謂キモ可愛さ(?)に心惹かれてしまった。
a0022041_10283241.jpg

その後、京極夏彦氏の作品にハマりかけたこともあり
少しだけ妖怪に詳しかったりする自分…(^_^;)

「妖怪花遊び2」も発売されているらしい。

という訳で、この映画での俳優さん達の化けっぷりや、
CGで描かれる妖怪たちはどんなものか興味津々。
バタ臭い鬼太郎には少々違和感がありつつも
観ている内にさほど気にならなくなった。
元々この世の者ではないのだから、バタ臭くても問題なしかも。

砂かけばばぁが握った、砂まみれでミネラルたっぷりオニギリ
ずる賢いネズミ男のやられっぷり
毛針を発射させた後の鬼太郎の頭…(笑)
いやいや、結構楽しめましたよ。
[PR]
by timtam33 | 2007-05-24 11:38 | 映画・音楽

向田さんの愛聴盤

この著作(眠る盃)を読んだ人の多くは
ジャズヴォーカリスト【ミリー・ヴァーノン】に興味が沸く。

 
眠る盃
向田 邦子 / / 講談社
ISBN : 4061163817


何故気になるのか…?

それは、この著書の一説に「水羊羹に合う曲」として
【Spring is here 】が紹介されているから。
「ジャズと水羊羹」、一見ミスマッチとも思われるこの取り合わせに
誰しも、不思議と興味が沸くはず……当然私も

  …がしかし、廃盤ゆえ入手困難と、一旦は諦める。

でも、とうとう復刻盤が発売されたのだ。
勿論私も、購入ボタンをクリック!!

<イントロデューシング
ミリー・ヴァーノン / / ミューザック
ISBN : B000NIJ3CK


そして現在、ヘビロテ中。
この渋さは、その辺の小童どもには分からないだろうな~

それにしても、文庫本を購入しただけなのに
私が今、これを欲しているという事がわかるAmazonさんって、さすが侮れない。

       でも私、決して回し物ではございませんよ。
[PR]
by timtam33 | 2007-04-05 12:00 | 映画・音楽

ドリームガールズを観た

a0022041_11171769.jpg

映画というよりも、生の舞台を観ているようなライブ感に圧倒された。
ジェニーファー・ハドソンの豊かな声量と深い歌声に包まれて
何だか幸せな気分。

オーディションで選ばれた素人が、主役を食うくらいの存在感を出せるなんて
アメリカにはまだこんな逸材がゴロゴロいるんだろうな~恐るべしアメリカ
a0022041_11172851.jpg
ディーナ役のビヨンセはそのまんまオセロの中嶋ちゃん!!
a0022041_11173610.jpg

ブロードウェイ・ミュージカルの映画化といえば、思い出すのが『グリース』
擦り切れる位何度も聴いたサントラ盤とパンフレットは、今でも宝物。
[PR]
by timtam33 | 2007-02-22 11:53 | 映画・音楽

サラ・ブライトマン♪♪♪

サラ・ブライトマンが来日中だ!
TVでサラの姿が見られるのはすごく嬉しい。

一度でいいからライブであの歌声を感じてみたい。

[PR]
by timtam33 | 2006-11-06 23:46 | 映画・音楽

サラ・ブライトマンを聴きながら呟く…

季節の変化に伴い聴く音楽も変わってくる。

昨年の年明け早々、ラジオで流れていた「TIME TO SEY GOODBYE」に心打ちぬかれ、
CDやDVDを大人買いしてしまうほどサラ・ブライトマンに傾倒してしまった私。
最近発売されたベストアルバム『DIVA』を重低音で聴きながら
冬を迎える心の準備。
ニュース・ステーションのテーマ曲としてお馴染みの「SARAHBANDE」
そして自動車メーカーのCM曲「A QUESTION OF HONOUR」は、
なぜか吹雪が似合うと勝手に思ってる。

それにしても才色兼備のサラ・ブライトマン。a0022041_1172166.jpg
美声、歌、ダンス、演技、美貌…いくつもの才能を
一人で持ち合わせてる人って、いるよね~
天は二物を与えず…?いや、天は与えるね~いくつでも…
私、一個も与えられてないよ。

あぁ神よ、無芸大食のこの私に、
サラの才能のひと欠片でもいいから与えてください!

あ、いやその前に「才能はともかく、お前は努力が足りない!
もっと精進せよ!」と怒られるな~きっと(ーー;)

ところで話は変わりますが…新しいCDやMDにかかっているフィルムが、
ヒジョーに剥がしにくいと思うのは私だけ?
いつも爪でコキコキ引っ掻きながら、「剥がせない…」と呟くと、
見かねた娘がいとも簡単に、ピラピラ~と剥がしてくれる。  
なに?!年齢のせいだとでも?
いや、絶対剥がしにくいと思ってる人いるよ絶対…
[PR]
by timtam33 | 2006-10-14 01:17 | 映画・音楽

炭鉱町のニューウェーブ「フラガール」

10月1日映画の日
映画「フラガール」を観て来た。
a0022041_23275190.jpg
…で、感想をひと言……感動した~~~!

正に笑いあり涙ありの素晴らしい作品だった…あ~情けない…月並みな言葉しか思い浮かばない(~_~;)
パンフレットの中で、評論家の田沼雄一先生は「日本映画にしてそれにあらず、もはやアメリカ映画のような名作…」と評されたが、私も同感。
ただ決して現在のハリウッド作品ではなく、あくまでも一昔前のね。
逆に今のハリウッドにはない魅力を持っている作品と言っても過言ではない。
だってこういう作品、最近作ってないでしょ?アメリカ!?
笑いと涙、ダンスと音楽というエンターティメント全てが
ぎっしり詰め込まれた映画って、きっと誰もが好きなんだと思う。
観て損はなしです。

公開中につきネタバレは此方から
[PR]
by timtam33 | 2006-10-04 00:13 | 映画・音楽
カテゴリ
フォロー中のブログ
リンク
ライフログ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧