蝦夷地にて…バタバタしててゴメンなさ~い日記


映画・本・音楽・日常の覚書日記
by timtam33
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2005年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ワサビがブーム…だそうだ(゜o゜)

先日放送の、某ローカル番組の稚内特集は興味深かった。
稚内の町に買出しに来たロシア人に、今最も人気なのは、チューブタイプの「練りわさび」……だそうだ(゜o゜)
普通にパンに塗ってボルシチと一緒に食べると、最高にウマ~~イ♪♪……だそうだ(゜o゜) 洋カラシをパンに塗るのは普通だが…。
なるほど、わさびか~…確かにご飯に合うのだから、同じ炭水化物のパンにも合うのは不思議ではない筈だね(多分)

更に今オーストラリアで人気なのは、「わさびチョコレート」……だそうだ(゜o゜)
韓国に「キムチチョコレート」があるのは知っていたが、それは韓国=キムチだからヘェ~なるほど~と思うのだが、オーストラリア=わさびって、ちょっとミスマッチな感じがする…

それにしても日本の食品が異国へ渡った途端、我々の食文化を覆す発想で、それぞれ自国流にアレンジしてしまう所がすごいし、面白いと思う。
そう言えばイタリア人から見た和風パスタは、かなり邪道らしい。だって納豆や漬物を使った醤油味のパスタだもの、当たり前かぁ~…私は好きだけどね!

さて、食べ物つながりで…a0022041_19403284.jpg
写真は、パンをつまんで塾へ出掛けた娘への
「お帰りなさ~い!夕食プレートバージョン」 

☆★ ツナのピラフ ★☆
銀青blogさんに教えてもらった通り、ピラフを炊き上げる時にお醤油を隠し味に使ってみたら、味がしっかり付いた。(horsemintさん感謝です!)

☆★ エビシチュー ★☆
「マシューTV」で平野レミさんが作っていたシチューが余りにも美味しそうだったので、早速チャレンジ!
ポイントは玉葱をよく炒める事と、海老の殻は捨てずに温めた牛乳に入れ、だしを取る。そしてホワイトソースを作る時に使用(殻が残らないようにザル等でこす) TVでは豪華に海老だけだったが、私はブロッコリーを入れてボリューム感を!
海老の旨みが出て濃厚なお味…これは一度覚えてしまうと様々なアレンジが可能かも~♪
[PR]
by timtam33 | 2005-02-27 20:15 | 日常あれこれ

原作のイメージで…

a0022041_10392314.jpg目標!!積読本読破~!!…も、ままならぬ内に購入してしまった3冊。

~「問題な日本語」 北原靖夫 編~
知らずに使っていた誤った日本語…今頃になって知ってしまい、ヒジョ~に こっぱずかしい思いをしてしまう…母国語に対してもっと関心を持たねばならぬと反省させられる反面、言葉や漢字の面白さを再認識する一冊。
これは家族も読めるようにということで、取り敢えずリビングのテーブル界隈に置いている。

~「焚き火オペラの夜だった」 椎名誠 著~
これは私にとってはお馴染み、椎名誠氏の赤マントシリーズ。いつものようにバッグの中へ…それにしても椎名さんったら~いつもタイトルが意味不明(^_^;)


a0022041_10404378.jpg~「あの道 この道」 吉屋信子 著~
ノスタルジックな表紙に惹かれ思わず購入してしまった。
昭和9年~10年まで、雑誌「少女倶楽部」に連載されていた少女小説らしい。
ブックカバー裏のあらすじを読んでいた娘が突然、「あれ?これ今ドラマで、やってるよ!」
「え~~~そうなの?」ということで、早速公式を覗いてみた。「冬の輪舞」 なんだか韓流ドラマみたいなタイトルだ。でも確かに原作者が吉屋信子となっているし、ストーリーも殆んど同じ。 そうか、先を越されたか(?)…まぁ見られる時間帯ではないので良かった。昭和初期の原作イメージそのままで読みたいので、ドラマは絶対見ないぞー!
[PR]
by timtam33 | 2005-02-25 11:55 | 読書もするのだ

一足早い「ひな祭り」って程でもないけど・・

a0022041_054449.jpg
オホーツクの斜里町から、美味しい
「いくら」や「筋子」がたくさん届いた。
私の中で「いくら」と「うに」は海産物界の
デビ夫人!!
そのセレブ系海産物をちらし寿司にポンポンと贅沢に並べてみた。いや~~さすが華があります!

エンゲル係数が低下気味の我が家・・・
特に給料日前の侘しい食卓にパッと花が咲いたようだ!
送ってくださった某さんに感謝!有難う~~♪

3月3日は娘の高校入試日だから・・・それで一足早いひな祭りを・・・してみた。
[PR]
by timtam33 | 2005-02-22 00:46

「優しい時間」は本当にやさしい

「優しい時間」・・・このドラマのゆったりとしたテンポが好き
見慣れた風景や、実在する「皆空窯」「北時計」「協会病院」などが
登場するのも嬉しい。

ブログタイトルそのまんまに、あれこれ雑事に追われ
「アヒャ~」「ドヒャ~」「アワワワ~」と感嘆詞ばかり飛び出すようなバタバタ生活を送る日々…
そんな私にとって劇中の喫茶店「森の時計」は、憧れの時間と
空間を作ってくれるようだ。
あんな風にカウンターでカリカリと豆を挽き、美味しい珈琲を入れてもらい、窓の外をホゲ~ェと眺めながらゆったりと時間を過ごしたい。
a0022041_22371523.jpg

    「つらら」のフリンジ 晴れているけど氷点下12度
[PR]
by timtam33 | 2005-02-16 23:40 | 日常あれこれ

後日鑑賞予定「オペラ座の怪人」~予習として

a0022041_2253213.jpg
最近ハマってるサラ・ブライトマンのDVD「イン コンサート」
近所のレンタルショップでは年中貸し出し中・・・
間の悪い私には中々順番が回ってこないので、業を煮やしてとうとう購入してしまった。

1997年にロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで行われたクラシカル色の強いライブ。
これはサラを知る上で最も重要なライヴ映像かもしれない。
特にファン歴浅い私にとっては、「オペラ座の怪人」や「エビータ」からの名曲、クィーンやジプシーキングスのカヴァー、世界的大ヒットとなった代表曲「タイム・トゥー・セイ・グッバイ」等、お馴染みの曲が収録されているから。

続き
[PR]
by timtam33 | 2005-02-12 23:00 | 映画・音楽

DVD「スキージャンプ・ペア2」・・笑った~~

a0022041_23454081.jpg
DVD「スキージャンプ・ペア2」は、前から気になってた一枚・・・
いや~~~これはかなりアタクシのツボに、ドンぴしゃり(死語ですか?)
CGだからこそ可能な競技者のありえないパフォーマンスや、今が旬のヨン様ネタ。
一見、本物のスポーツニュース番組と見紛う程のリアルさや、実況アナと解説者の絶妙なボケと突っ込み! 様々なパロディネタ満載!
この面白さは…?このバカバカしさは一体…?? そうだ~このノリは・・・
そうこれは、まるで「スネークマンショー」だよ~!
これを見てるとね~近い将来、実際のジャンプ競技にもあんなパフォーマンスが飛び出すのかも? な~んて思ったりね・・・

あの懐かしいスネークマンショー的シュールな笑いを渇望している方には、是非オススメの一枚だ。
[PR]
by timtam33 | 2005-02-11 23:45 | 日常あれこれ

母のシネコンデビュー

70過ぎの母が先日、シネコンデビューを果たした。
度々足を運んでいた市内中心部の古い映画館が、立て続けに2軒
閉館してしまったからだ。

派手な外観、1階がゲームセンター、2階がボーリング場と
やや賑やか過ぎる階を通り抜けなくてはならないので、やや戸惑ったらしいが、なんとかそれぞれの階をクリア(?)し、ようやく3階の映画館に到着。
無事「北の零年」鑑賞に至った。
スクリーン数の多さもさることながら、座席の前後間隔の広さや、ゆったりしたシートが気に入ったようだ。

思えば、青春時代に観た「ローマの休日」が思い出の映画だと言うのは、幼い頃から聞かされて知ってはいたが、母が直接劇場まで足を運ぶ事は殆んどなかった。
映画はもっぱらテレビで鑑賞と決まっていたが、ここ4・5年新聞の映画館情報をマメにチェックし、時折出かけているらしい。

以前、札幌のシネコンに行った時、映画を楽しむ年配の方が思いの外
多く見られた。
今は映画館側でも様々なサービスを実施しているので、
どんどん楽しんでもらいたい。
できればリバイバル映画や、単館系ももっと多く上映してくれれば良いのだけど・・・
[PR]
by timtam33 | 2005-02-06 19:35 | 映画・音楽

「北の零年」ー開拓者精神

今冬は雪が比較的少ない分、冷え込みが厳しい…外はどこもパッキパキに凍てついている。
昨年の今頃は「今年は雪が多くて参っちゃうね~」とぼやきながら、道路脇の大きな雪山を憎々しげに眺めていた。
そんな北海道・・・本州の人たちにとって、雪が多く日中でも氷点下の世界である厳寒の地は、とてつもなく住み難いというイメージがあるのかもしれない。
確かに面倒な事も多い冬は、鬱陶しい。でもこれが日常だし、特別な事でもなんでもないわけで・・・通常、外出時に遭難したり、凍死したりする人も滅多にいない。実際570万の人々の大半が普通に、そしてそれなりに快適な暮らしをしている。

前置きが長くなった。映画「北の零年」は、我々にそんな現代の快適な暮らしを与えてくれた先人達の、壮大な闘いの物語…
a0022041_213758.jpg

More
[PR]
by timtam33 | 2005-02-04 02:07 | 映画・音楽
カテゴリ
フォロー中のブログ
リンク
ライフログ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧